川崎で信頼出来る税理士先生紹介!

home > 税理士情報 > 選ぶ基準を知っていると選びやすくなる

選ぶ基準を知っていると選びやすくなる

 会社を運営したり個人事業を行うとき、税務申告が必要になります。細々とした経営なら利益がそれほど出るわけではありません。
 取引もそれほど活発でなければ、自分で申告をすることも可能です。しかし、一定以上の売り上げ、利益が出るようになると、税務の知識があった方が得になります。
 売り上げの計上方法、経費の計上方法、その他税金を減らしたり繰延するための仕組みがあります。また、法人組織だと、個人では税務署からの信頼が得にくい場合があります。


 個人事業の場合は必ず必要ではありませんが、法人なら税理士との契約が必要になるでしょう。顧問税理士が作成した申告書であれば、信頼があるので内容を細かくチェックされることはありません。
 さらに、税金のいろいろなアドバイスをしてもらえます。こちらのサイトは、特に神奈川県の川崎市で事業を行っている人が選ぶべき専門家の情報を提供してくれています。
 新たに事業を開始する場合や、変更したい場合などに参考になる情報が得られます。既に会社を設立している場合と、これから設立している場合とで選び方が異なります。
 これから設立するなら、設立支援を行ってくれる人が良いでしょう。事業を行うときは事前に届け出などが必要になります。
 これにも節税になる方法があり、対応してくれる人ならそれを考慮した手続きをしてくれます。既に設立している場合は特に設立支援は必要ありません。
 価格は各事務所などで料金が異なります。安いところもあれば、高い金額設定の所もあります。


 老舗の事務所なら安心できるかですが、確かに所長などはベテランで安心できます。ただ、所長は非常に忙しいので、実際に担当してくれるのは若い人や、なりたての人が来ることもあります。
 どうしても当たり外れがあり、外れだと顧問料が無駄になります。その事務所の所長が担当してくれるところであれば、一定の経験がある人が対応してくれます。
 困ったときにすぐに駆けつけてくれる、親身になって相談に乗ってくれる人かどうかチェックします。
 訪問頻度がどれくらいかも選ぶときには見ておきましょう。決算の直前だけ、申告書を作成するときだけ来てくれるようだと、日頃の相談などをすることが出来ません。
 少なくとも1箇月に1度は何らかの連絡をくれる人がいいでしょう。そして、3箇月に一度は実際に訪問してくれて、今の状況などの相談ができる人です。
 売り上げが好調であれば、それだけ利益が出やすくなり、税金の金額も増える可能性があります。早めに節税対策などを行ってくれます。

ページトップへ